搭乗者傷害保険というバイク保険

原付きバイク以外のバイクの多くが二人乗りが可能となっております。二人で移動する事ができますので、都市部など駐車場が高いようなエリアでは、車を何台か持つのではなく、車とバイクをそれぞれ所有するといった方が多くいらっしゃいます。セカンドカーの代わりにバイクを持つことによって、保険料や税金などをリーズナブルな金額に抑える事ができますので、非常にコストパフォーマンスの高いライフスタイルとなっているのです。

二人乗りをする可能性が少しでもある方に入っておいて欲しいバイク保険が搭乗者傷害保険です。

搭乗者傷害保険はどのようなバイク保険なのかというと、バイクの後ろに乗っている方が事故によって死傷した場合などに保険金が支払われる保険です。契約する保険会社によって金額や条件などが微妙に異なっておりますが、基本的には、死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金などは支払われます。また、事故の相手から賠償金が支払われるような場合であっても、搭乗者傷害保険として支払われる金額は変わりません。

怪我の症状が確定した時点ですみやかに保険金が支払われますので、仕事に行けなくて困っている場合でも非常にありがたい存在となってくれるバイク保険だといえます。